本文へスキップ

自宅での学習がメインとなるのが通信制高校の特徴です。

『通信制高校で再チャレンジ!』は、通信制高校について 詳しくない人にもわかりやすく、 全日制高校との違い、1単位あたりに必要な学費、転入と編入の違い、 といった通信制高校に関するあらゆる情報を紹介します。

通信制高校

通信制高校とは通信教育のようなもので、全日制の高校や定時制の高等学校と同等の 教育を受け、頑張れば高校卒業資格を得る事もできる学習制度です。 一昔前なら通信制高校は勤労学生が通っているイメージが強かったのですが、 最近では普通の学生の中にも通信制高校という学習制度を選択する人もいます。 身体が弱くて毎日学校に通うことが辛かったり、親の転勤の都合で同じ高校に 通い続けることが難しいという環境の中では、この通信制高校はとてもありがたい 制度になるでしょう。


通信制高校の学費

高校へ行くとなると学費のことも考えなければなりません。 高校無償化の制限が年収910万円を境界線にすることが決まるなど、高等学校の 授業料にも学費控除が適用されるようになりました。 このような制度があるなら使わなければもったいないので、これから通おうとしている 学校には学費控除が適用されるのかどうかは気になるでしょう。 全日制高校と違って単位の数で学費が変わるという少し変わった通信制高校でも、 高校無償化は適用されています。


PR 愛知県名古屋市の通信制高校 通信制高校なら匠高等学院
匠高等学院 本郷キャンパス。
〒465-0024
名古屋市名東区本郷2丁目66番地の2 トキワビル2F
電話 0800-0002-100
http://takumi-koukou.com/

通信制高校のメリット

通信制高校には全日制高校にはない多くのメリットがあります。 そのメリットが大きいからこそ近年では通信制高校に通う生徒も増えているわけです。 メリットを熟知しているほうが充分に活かす事もできるので、通信制高校に通うので あればそれを知っておいたほうが良いでしょう。 全日制高校を退学してしまった方の中には通信制高校でやり直そうかと悩んでいる 人もいるでしょうし、ここで解説するメリットも充分に吟味して、今度の進路の 参考にして下さい。


通信制高校の特徴

通信制高校は全日制高校とは形態が全く異なり毎日学校で授業を受けることはなく、 レポートの提出と添削指導、面接指導、試験によって高校卒業を目指します。 私立の通信制高校には本校とは別の学習センターを各地に置いて、普段から生徒が 学習したり他の学生と交流することの出来るスペースとして開放してくれる 学校も増えてきました。 もし可能な限り自宅で過ごしたいというのであれば、年間のうち約360日は学校へ 行かずに自宅で過ごしながら高校卒業を目指すことのできる学校もあります。


PR 岡崎進学ゼミナール安城校|個別指導の学習塾
http://okashin-zemi.com/
愛知県安城市相生町18-18 2F TEL:0566-45-7239
名鉄「南安城」駅の近くです。

バナースペース